五百羅漢

ここは、水分がたっぷりで潤っている感じがしました。