遠目の越の彼岸(18. Mar.)

離れるとまだこんなもん。