020(2. Jun. 2012)

久しぶりに楷書と行書を書いてみました。
楷書は、『渓深うして杓柄長し』。
当たり前の事をに例えて、臨機応変に相手の力量により手段を変えるという意味。
行書は『水流心と共に閑なり』です。