« 柳家喬太郎・入船亭扇辰 二人会 | トップページ | ほぼ1年ぶりの乗馬レッスン 〜おまけ〜 »

2021年10月25日 (月)

ほぼ1年ぶりの乗馬レッスン

こんにちは
8月にワクチン接種が終わり、緊急事態宣言が解除となりましたのでレッスンに行ってきました。
 
〜1日目〜
1鞍目は紋次郎くんです。
だいぶ空いてますから動かせるのか不安でした。
乗り始め直後は前に進まず...まずいな
でも、私の硬さが取れたらスイスイと動くようになってきました。
先生からそれくらい乗れるなら駈歩やってもいいよとOKが出ました。
まぁすんなりとはいかないんですが、うまくだせると...
ぶわっと一歩目が浮き上がるような感じです。
うは〜気持ちいい〜
レッスンの後も「1年ぶりでもあれだけ乗れるとはやるねぇ」と珍しく先生からお褒めの言葉をいただきました
  
2鞍目は梵天丸です。
紋次郎と比べるとちょっと重めのお馬さんです。(まぁ紋次郎も決して軽くはないけど)
ですが、ハミは割と敏感なのでちょっときつくすると、やめてくれ!と首をぶんぶん振ります。
久しぶりだったのに紋次郎にほぐしてもらったのもあって首を振ることはありませんでした。
梵ちゃんは駈歩はちょいと難しいのでひたすら速歩をやってました。
ときどきいい感じにハマると驚くほどスイスイと前進姿勢が出て、まるで別のお馬さんのようでした。
 
〜2日目〜
前日の夜に急遽空きが出たため、帰る前にレッスンできるよと連絡をもらったので、もう1鞍乗ることにしました。
紋次郎と梵天丸とどちらか好きな方を指定できると言われたので、梵ちゃんで依頼しました。
紋ちゃんの動きははっきりしているので、ある程度、体で覚えた感あります。
今回のレッスンでは梵ちゃんはあまり首を振らなかったので、どんな手綱感覚がちょうどいいのか感覚を覚えておきたいなと思ったからです。
次回いつ乗れるのかもわからんしね。
 
前日に続いて乗ってみて、やさしく細かくハミを滑らしてあげるのがいいようです。
でも、方向転換の時(特に直角で曲がりたい時)は、はっきり指示を出さないと伝わらないようです。
試しに駈歩をやってみましたがどうやら強すぎるようで、急にぶんぶんと首を振り始めました。
え〜手綱がぶらぶらに近いような状態がちょうどいいってのかい?
それだと半減脚が効いてるかどうかが分かりずらいんだな...
って、そのぶんぶんをやめて!落ちそうになるわ、あたし
結局、速歩でぐるぐると輪乗りと方向転換に切り替えてレッスンしました。
思っていたような感覚を得られなかったのですが、次回駈歩をする時はちょっと握る感じでやってみようかと思います。
 
指摘されたこと
・乗ってすぐはとにかく前に出す。脚は強め、鞭を素早く使う。停止はやらない。
・拳立てて!
・肩甲骨を寄せるように乗る。
・踵が下がりすぎないように鎧を踏む。
 
お〜次回も頑張るぞぉ〜

« 柳家喬太郎・入船亭扇辰 二人会 | トップページ | ほぼ1年ぶりの乗馬レッスン 〜おまけ〜 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ