« こうほく第九演奏会 | トップページ | お城EXPO2019 »

2019年12月 8日 (日)

チェコ・フィルハーモニー弦楽三重奏団&古賀淳子

おはようございます、すっかり秋ですね
先日、来日中のチェコフィル弦楽三重奏のコンサートに行ってきました
 
【プログラム】 
◆ドヴォルザーク:ドヴォルザーク・ファンタジー <弦楽三重奏>
◆ドヴォルザーク:ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調作品87
◆シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調「ます」作品114D.667

【アンコール】
◆浜辺の歌
 
ドヴォルザークファンタジーは、あぁ聴いたことあるなという曲の良いとこどりで構成されていました。
スラブ舞曲とかアメリカとか新世界のラルゴとか、で、最後はスラブ舞曲にもどる〜
こういう曲もあるのね〜と思いました。わたしは、もう少し音が重なる方が好きかな〜
 
ドヴォルザークのピアノ四重奏の第2番は初めて聴きました。
やっぱピアノが入ると音楽の幅が変わりますね〜
チェロがものすごくのびやかで、甘く美しいなぁと思うメロディがありました。
 
で、シューベルトのます。
ここからコンバスが参加したのですが、この低音が入るだけで雰囲気がガラッと変わる。
さらに音楽に深みが生まれました。すげぇ!コンバス!!
楽器同士のユニゾンの箇所があって、これがものすごく美し〜い
これこれ、これがドヴォルザークらしくてすごく好きです
 
浜辺の歌。
皆さんリラックスして、ほんとに、楽しく、のびのびと演奏されていました。
聴いているこちらまでほんわかしちゃいました
 
終演後に、ちょこっとお話しする事ができました。
オケのコンサートに行ったと伝えると、、、
  -コンサートきてくれたんだって。
  -おぉ〜ほんと?また、こんにちはだね。
  -いつもありがとうっ!!
とフレンドリーなお三方でした

« こうほく第九演奏会 | トップページ | お城EXPO2019 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ