« 如月の三枚看板 | トップページ | オレスタイル »

2019年2月24日 (日)

カレル・アンチェル

おはようございます

 

週末は本屋さんに行き、数冊の本を買いました。

 

その中の1冊は、カレル・アンチェルの本です。

 

 

 

アンチェルは旧チェコスロバキア出身の指揮者。

 

伊勢湾台風が日本を直撃した数ヶ月前に、チェコフィルとともに来日ツアーをしていたこともあります。

 

コンサートで得た金額の一部は義援金として寄付もしていたようですね。

 

 

 

私はドヴォルザークの新世界が好きなので、チェコフィルの他の指揮者や、他の楽団が演奏したCDをいくつか持っているのですが、数年前にアンチェルのCDを購入し聴いた時にはかなりの驚きでした

 

それは今までのCDからは聴こえなかった音が聴こえてきたためです。

 

聴き比べてみると確かに音は鳴っているのですが、アンチェルのものほどはっきりとは聴こえませんでした。

 

アンチェルの音楽は、なんというか、音のバランスがとても良く、複雑な曲も難しくは聴こえてこないような仕上がりです。聴いていてとても気持ちがいい

 

 

 

ところが、戦後、レベルの落ちてしまったチェコフィルを再び世界水準まで叩き上げた手腕を持つほどの実力を持っていたにも関わらず、彼に関する情報はとても少ないのでなぜなんだろう?と思っていました。

 

 

 

そのことがこの本に書かれていました。

 

彼は、裕福な家庭に生まれ、有名な音楽院に進んで日々研鑽を積み、新しい時代の作曲家の曲にも関心を持てた充実した時代を過ごします。

 

ところが、戦争が始まるとそれが一変。

 

ユダヤ人の血を引く彼はたくさんの苦難に遭い、その時代の波に翻弄され続けます。

 

ですが、音楽に対する情熱は生涯失うことはありませんでした。

 

詳細はぜひお手に取ってご一読いただければと思います

« 如月の三枚看板 | トップページ | オレスタイル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ