« また通院再開 | トップページ | お城EXPO2017 »

2017年12月17日 (日)

チェコのクリスマスミサ

こんばんは

世間はクリスマス一色ですね
我が家でもクリスマスキャロルがかかっていますよ〜
今日は、チェコのクリスマスコンサートに行ってきました
 
【プログラム】
F.X. ブリクシ オルガン協奏曲第4番ニ長調
 ソリスト:田宮亮(オルガン)
A.マルチェッロ オーボエ協奏曲ニ短調
 ソリスト:山川寛子(ソプラノサックス)
R.ビンゲ エリザベスセレナーデ
 ソリスト:山﨑千晶(ヴァイオリン)
クリスマスキャロル
 1_お知らせを持って来た
 2_小さな僕がキャロルを歌いに来た
3_一緒にベツレヘムへ行こう
 4_サセックスキャロル
  ※4以外はチェコ語
ヤン・ヤクブ・リバ チェコのクリスマスミサ
 
ブリクシという作曲家は初めて聴きましたが、プラハ出身の作曲家だそうです。
すごくよかったなぁこれ
 
オーボエ協奏曲は、本来ソロがオーボエなのですが、今回はソプラノサックス。
山川さん、小柄でほっそりした方なのに、すっごくかっこよかったです
 
エリザベスセレナーデは名前からして、イギリス人が作ったってわかる。
なんかすごくイギリスらしい、かわいい曲でした。
小田急百貨店の開店時の音楽らしいですよ。
 
クリスマスキャロルは、短めのかわいい曲でした。
チェコ人の方もたくさんいらしていたので、聴いたことがある曲だったんだろうな〜
 
リバはモーツァルトと同時期に活躍した作曲家らしいです。
ミサ曲ってラテン語のものが多いのに、この曲はチェコ語で書かれていました。
とても明るくて、みんなでお祝いしましょう〜という感じがよく出ている素晴らしかったです〜

« また通院再開 | トップページ | お城EXPO2017 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ