« きれいな音色 | トップページ | 運慶展  興福寺中金堂 再建記念特別展 »

2017年12月 3日 (日)

来日20周年記念公演 エフゲニー・ザラフィアンツ ピアノリサイタル

こんにちは今回はコンサートのお話です

久しぶりのピアノリサイタル。
ザラフィアンツさんの来日20周年記念公演楽しかったです。
 
【プログラム】
J.Aバッハ=ブゾーニ:シャコンヌ
シューマン:フモレスケ 変ロ長調 作品20
ショパン:24の前奏曲集 作品28
 
〜アンコール〜
ショパン:前奏曲嬰ハ短調op.45
ショパン:前奏曲変イ長調(遺作)
ラフマニノフ:前奏曲ト長調op.32-5
 
最初のバッハは、結構ペダルを踏んでいる箇所もあって、「お〜」そう弾くんだぁと思いました。
 
2曲目のシューマン。わたしはシューマンはあまり弾いたことがありません。
シューマンは手の大きい人だったようで、わたしには演奏するにはきついのです
フモレスケは初めて聴きましたが、とてもむずかしい曲だなと思いました。
テムポも動くし、弾き方もガラッと変わる箇所も多く、音質の違いがよくわかりました。
第一楽章は比較的動きのあったので楽しんでいましたが、後半になると...むぅ〜ん...ちょっと記憶が飛んでしまいました
 
そしてショパンのプレリュード。自分が弾くと、つまらん曲になるのにすごいです
わたしが持っているのはポリーニの前奏曲集なのですが、やっぱりテムポやペダルで全く異なる曲に聴こえてきます。
でも、どちらも好きです
今回のザラフィアンツさんの演奏は、生だったし、円熟している方の演奏という感じでよりロマンティックさを感じました
 
コンサートが終わると、CD売り場にザラフィアンツさんがいらしていてサイン会が始まりました。え?そんな告知あった??
せっかくなので、いただいてきましたよ。
シューマンのピアノ五重奏のCDを買ったんです。
ゴラン・コンチャルさんのヴァイオリン、やっと聴ける〜♪
このCDにはもう一曲収録されています。シューベルトの「ロザムンデ」です。
ふふふ。この曲も好き〜

« きれいな音色 | トップページ | 運慶展  興福寺中金堂 再建記念特別展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ