« ピアノレッスン | トップページ | チェコフィルのヴィルトゥオーゾ競演 »

2017年5月14日 (日)

最近の我が家の文鳥

こんにちは今日は我が家の文鳥のお話です。

 
秋ちゃんと陽ちゃんは、無事に手乗り文鳥になりました。
少し前まで言うことを聞かず、ぐれこsistersと命名していたくらい(笑)。
ま、相変わらず遊びたい気持ちが強いので、今も家(ケージ)に戻りたがらないところはありますが、常に誰か人がいるところにいたがります。
 
秋ちゃんはこわがりなので、知らない場所には行きたがりません。
知らないものにも興味は示さず、逃げます。
成鳥にはごくごく普通の行動です。
小松菜が大好きで、葉っぱも茎もバリバリ食べます。
餌は、シードは当然好きですが、ペレットは少し大きいタイプが好き。
水浴びがなかなか豪快です。ブランコも時々ぷらぷらしています。
穴に興味があるようで、見つけると猫みたいに突っ込んでいくことがあります。
 
陽ちゃんは、知らない場所でも私がいるところに行きたがります。
先日は放鳥中に新聞の集金がきたので対応していたら、今まで行ったことのない玄関先まで飛んできました!
うぉおおおびっくりした
それから、知らないものを目にした時、最初は逃げるんですが、大丈夫だとわかったら平気みたいです。
わりと好奇心があるタイプなのかも。
やはり餌はシードが好き。ペレットは最小タイプなら食べるようになりました。
小松菜は葉っぱのところが好で茎はあまり食べません。
水浴びはちょっとヘタですが、ブランコは上手です。
 
同じように育てているのに、こんなにも違います。おもしろいですねえ。
文鳥さんは、好きな相手にとにかく一途に『大好きアピール』します。
なついてくれると本当にかわいいです

« ピアノレッスン | トップページ | チェコフィルのヴィルトゥオーゾ競演 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ