« ちぇこ旅行 〜9月15日 そして帰国〜 | トップページ | 英会話チェック »

2014年9月28日 (日)

ちぇこ旅行 〜おまけ〜

Carrotのちぇこ旅。いかがでしたか?コメントはこの記事にお願いします

なお、これからチェコに行く方は、こんな事に気をつけてみてくださいね

(1)現金はそれなりに持って行きましょう
ヨーロッパなのでクレジットカードは少ない金額でも使う事が出来ますが、食事どころでは現金のみという場合も結構あります。
なお、ICチップ入りのクレジットカードは署名ではなくピンコード入力じゃないとダメ!と言われます。調べてから行こう!
 
(2)チェコ語を少し覚えて行こう
観光地とはいえ、街中では英語表記はほとんどされていません。
一番良く使う地下鉄ですら、社内の電光掲示板とアナウンスはチェコ語のみ。
それに、食事どころでもチェコ語メニューのみのケースもあります。
当然、ウェイターさんも英語が得意じゃないので、お料理の写真とか見せると便利。
 
(3)路線図を入手&1日券や3日券は超便利
現地では地下鉄とトラムの全体路線図は駅で必ず手に入れましょう。
トラムはしょっちゅう行き先が変わります。
 
また、旅の最終日、硬貨で乗車券を買うのはちょっと大変だったりします。
滞在時に1日券や3日券をどう使うか考えて買いましょう。
ちなみに土日だとチケット売り場がお休みです。ムゼウム以外の駅では、この券を買えないです。土日はムゼウムで買おう。
 
(4)地下鉄のエスカレーターは高速。
日本のエスカレーターと異なり、かなり早く動いていますので、よそ見しない事。
改札駅を出たら、地上までは階段です。
上りのエスカレーターが着いてる駅もありますが、下りはないです。
また、エレベーターが導入されていない駅がほとんどです。
 
(5)困った時に行く場所
市民会館です(今回お世話になったし)。それと、日本大使館ですね。
あと日本大使館の近くにアメリカ大使館があるのですが、ここの隣にある警察署は間違いなく英語が通じます。
 
(6)お手荷物はしっかりと...
日本以外の国は危険が多いです。最も日本で引ったくりにあった事のあるわたくしですが。
お札の入っているお財布を取り出すのは、お買い物の店内のみにしましょう。

« ちぇこ旅行 〜9月15日 そして帰国〜 | トップページ | 英会話チェック »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

空港から市内へのアクセス

ヴァーツラフ・ハヴェル空港には鉄道がないのでバスだけです.
路線バスが、地下鉄A線のデイヴィツカー駅、B線のズリチーン駅、B線のノヴェー・ブトヴィツェ駅まで、急行バスがプラハ中央駅まで走っています.
路線バスと地下鉄は32コルナ(約160円)で乗り継ぎができます.
急行バスは60コルナ(約300円)で乗り継ぎはできません.

9日はデイヴィツカー駅から地下鉄A線に乗りました.
自由行動の日に飛行機を眺めるために空港に行ったときは、ノヴェー・ブトヴィツェ駅とズリチーン駅を利用しましたが、荷物がなくて良かった!

今回は、敢えてバス・地下鉄を利用しましたが、大きな荷物を持ったままでバスから地下鉄へ乗り継ぐのは大変なので、ホテルが用意している送迎バスの利用をお勧めします.
今回泊まったホテルは680コルナ(約3500円)と書いてありました.3年前のホテルタクシーは700コルナでした.

市内交通の料金は時間制

プラハ市内を走る地下鉄・トラム・バスは「90分・乗換自由」が基本で32コルナ(約160円)です.

30分以内なら24コルナ(約120円)ですが、最近買っていないので乗り換えができるかは定かではありません.

便利なのは24時間券110コルナ(約550円)と72時間券310コルナ(約1550円)で、使い切れそうになくてもその都度切符を買う手間がないのでお勧めです.
1日券といっても「都営地下鉄・東京メトロ共通一日券」のように朝から晩までではなく、乗り始めてから24時間有効なので、午後から翌日午前中というような使い方が便利です.

駅の自販機はコインだけしか受け付けないのでコインの用意が必要ですが、大きなホテルならフロントで買うことができます.

切符への日時のスタンプはくれぐれも忘れずに

プラハは地下鉄・トラム・バスともの係員がいるわけでもなく、自動改札機があるわけでもありません.
切符は買ったものの、黄色い機械に切符をいれて日時のスタンプを押さないでいると、無賃乗車となります.
この旅行でも空港からホテルにいく途中ムゼウム駅で乗り換えるときに検札をうけました.

数年前、友人はうっかりしてスタンプを忘れて、二人で1万円近く払ったそうです.

チェココルナへの両替でいままでにやったことのある方法をすべて書いておきます


チェコで日本円からコルナに両替する
チェコでユーロからコルナに両替する
日本での両替と違って、チェコでは1回あたりの固定手数料が必要なので、回数を減らす、何人かで組むなどの工夫が必要です
取り扱う通貨と場所によってはユーロを間に入れる方が有利な場合があります
日本での日本円⇔ユーロの手数料、チェコでのユーロ⇔コルナの手数料が、日本円⇔コルナに比べて安いので試す価値があります

ユーロで買い物をしてコルナでお釣りをもらう
空港以外でユーロでお釣りをくれるのはチェーン展開しているスーパーか規模の大きい専門店に限らるし、高額紙幣でのあからさまな両替は拒否されることがあります(20ユーロまでかなと思います)

クレジットカードでキャッシングする


コルナしかつかえない店で、ユーロしかもっていなくて、店員さんに個人的に両替してもらったこともあります

この記事へのコメントは終了しました。

« ちぇこ旅行 〜9月15日 そして帰国〜 | トップページ | 英会話チェック »

おすすめ

無料ブログはココログ