« LFJ2012〜5月3日その2〜 | トップページ | LFJ2012〜5月4日その2〜 »

2012年5月 5日 (土)

LFJ2012〜5月4日その1〜

連日となりますが、再びLFJに行ってきました
1公演目はモディリアーニ弦楽四重奏団とプラジャークメンバーによる室内楽です。

ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 ハ長調 op.49
チャイコフスキー:弦楽六重奏曲 op.70「フィレンツェの思い出」

最初のショスタコはモディリアーニメンバーによる演奏。席も前の方だったので、アイコンタクトとかよく見えてとっても面白かったです。

そして、今年の公演で、一番楽しみにしていた「フィレンツェ」プラジャークのクルソニュさん(ヴィオラ)とカニュカさん(チェロ)が加わりました。やっぱり、六重奏っていいわ〜。中低音が増して深みがでるんですよねや〜素晴らしい演奏でしたねメンバーのみなさま、ニコニコしながら演奏していて満足そうでした。

第一楽章で2回程地震があったのですが、動じる事なく演奏を続けるステージの演奏家さんたち。さすがですまた、第三楽章では、突然カツンと音がして、カニュカさんの眼鏡が吹っ飛んだのですが、曲の合間にキエフェルさん(チェロ)が拾っていました。弓で引っ掛けちゃったのでしょうか?あんな事もあるんですねあ...そうそう。私が前日に電車で乗り合わせた金髪のおじさまですが、プラジャークのチェリスト、カニュカさんだったんですよ

コンサート終了後は、まだ余韻が残る中で展示ホールでランチをしました。
今日は、帝国ホテルのピロシキ・ボルシチです。
食べ終わってブラブラしようとしたら、展示ホールの入り口で、サイン会が終了したばかりのモディリアーニメンバーに逢いました。わ〜
手を振ったら、チェロのキエフェルさんと第一ヴァイオリンのベルナールさんにこにこ微笑んでくれました。結構小柄で華奢なんだなぁ。

« LFJ2012〜5月3日その2〜 | トップページ | LFJ2012〜5月4日その2〜 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ