« チェコ・フィル・ストリング・カルテット | トップページ | 東日本大震災から1年 »

2012年3月11日 (日)

川越ツアー

土曜日に同僚たちと川越に遊びに行ってきました
10時に川越駅に集合。まぁ、電車の遅延とかで全員集合したのは10時20分くらいでしたが

まずは、丸広百貨店の屋上にある「観覧車」を観に行きました。昔は、屋上に子供たちが遊べる小さな遊園地ってありましたね。今じゃ残っているのが珍しい〜。同じ階にあったゲーセンに立ち寄り、MさんがUFOキャッチャーでアンパンマンのクッションをYさんのお子様に取ってくれました。すごいぜ

さて、川越の町は、くねくねしています。敵が攻めて来た時に、お城を真っ先に目指すことができないようにこんな作りになっているんだってさ〜。

歩いている途中、天台宗の中院というお寺があり、お庭が素敵だったのでちょいと寄り道。梅が咲いていました。それに枝垂桜もありました。もう少し経ったらもっと素敵なんだろうな〜。ここには、島崎藤村の義理のお母様が眠っているそうですよ。

そして、天台宗川越大師の喜多院へ。たくさんの桜が植えられていました。これは咲きみだれたらきれいだろうなのんびりと内部を拝観しました。徳川家光公の誕生の間、春日局の化粧の間とかを観ましたよ。境内の庭園では、白い梅とピンクの梅が咲いていて、メジロがその間を飛び回って蜜を吸っていました。そして、すご〜く大きな枝垂桜がありました。いや〜想像するだけで楽しくなります。枝垂桜は花が散ると、なんだろうね?みたいにその時の美しさとはかけ離れてしまうからね〜。仙波東照宮は日曜日しか開いていないとのことで遠目から葵の御紋を眺めて、五百らかんを観ました。たくさんいる中に、なんとなく知り合いに似ているのを何体か見つけました

その後、昔ながらのお醤油を造っている松本醤油商店さんでお醤油の見学に参加しました。こちらのお店には30個の醤油樽があるそうですが、年間に10個分しか出荷しないそうです。それは、出来るだけ手作りしているから。最低でも1年かけて造ったお醤油しか売り出さないんだって〜。初めて味見した生醤油はしょっぱかったでも、これに火を通すとまろやかなお醤油に変わるんだってガイドのお兄さんの説明によると、お醤油はどこの会社も材料は同じ。しょっぱいと感じても塩分濃度はほとんど変わらないそうです。濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高いので、減塩醤油を買う方が良いってさ

お昼を食べてから蔵作りの街並みをぶらぶら。車が多いのが残念だ〜
駄菓子屋横町では、懐かしいお菓子をたくさん見つけました。気づくとみんな何かを片手に食べ歩いていた(笑)。う〜ん食べ歩き最高

そんな感じでどんどん日は暮れて、帰る時間になりました。
寒かったけど、たくさん歩いて良い運動になったね。楽しかったっす

« チェコ・フィル・ストリング・カルテット | トップページ | 東日本大震災から1年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

屋上の遊園地 うちの近所の蒲田に健在ですよ♪ 数年前に 友だちのチビっ子たちと そこで遊びましたが 観覧車も汽車も コンパクトサイズで お尻片方浮かせて乗りました(笑) また遊びたいなあ…

あら!蒲田にはまだあるんですね。
やはり、ローカルな場所にはあるものなのか?(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« チェコ・フィル・ストリング・カルテット | トップページ | 東日本大震災から1年 »

おすすめ

無料ブログはココログ