« 1週間早く | トップページ | 川越ツアー »

2012年3月 4日 (日)

チェコ・フィル・ストリング・カルテット

久しぶりの生チェコフィルのコンサートに行ってきました
2年前のメンバーとは2名の演奏家が入れ替わっていました。
新しいメンバーの中には、今シーズンから入団し、なんとなんと24歳でチェコフィルのコンマスに就任となったヴァイオリニストさんがいました。

いや〜バランスの取れている演奏でしょう
第一ヴァイオリンとチェロで高音と低音をしっかり支え、間の深みを加える第二ヴァイオリンとヴィオラの美しい事ったら

さて、今回初めて聴いたコンマスさん。ものすごくうまいっす
久しぶりに脱帽〜の演奏を聴きました。チェコフィルには新しいタイプの方ではないかしら?
とにかく音が生き生きしている。でも、曲やフレーズにあわせて、フッと音が変わるとこなんか驚きの連続でした。近々ナクソスから新しいCDを出す予定らしいです。買わなきゃ!!

ちなみにですが、コンマスのヴァイオリニストさんとチェリストさんは親子です

終演後には、サインまでもらってきました(いやいつものことだけど)
ちょろっとチェコ語で挨拶したら、やっぱり驚いていた。みなさま気さくな方々〜。
会場で販売していたCDは今回のコンサート向けに収録されていたようですが、すごい出来映えですよ

【第一部】
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトム・ジーク
ボッケリーニ:メヌエット
アルビノーニ:アダージョ
パッヘルベル:カノン
バッハ   :G線上のアリア
ゴセック  :カヴォット
レスピーギ :シシリアーナ
シューベルト:楽興の時
クライスラー:愛の喜び
【第二部】
リスト   :ラ・カンパネラ
ブラームス :ハンガリー舞曲第5番
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
ドヴォルジャーク:ユーモレスク
ドヴォルジャーク:わが母の教え給いし歌
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
ジョブリン :エンターテイナー
ビートルズ :ミッシェル
ロドリゲス :ラ・クンパルシータ
エリントン :A列車で行こう
【アンコール】
??    :わすれちゃったー
ネッケ   :クシスコ・ポスト
ハチャトゥリアン:剣の舞

【メンバー】
第一ヴァイオリン:ヨゼフ・シュパチェクさん
第二ヴァイオリン:ミラン・ヴァヴジーネクさん
ヴィオラ    :ヤン・シモンさん(会うの5回目くらい?)
チェロ     :ヨゼフ・シュパチェクさん(同じく5回目くらい?)

« 1週間早く | トップページ | 川越ツアー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ