« のんびりお散歩 | トップページ | 3日(ホースショー) »

2010年5月 5日 (水)

2日(のだめとLFJ)

あほいGWいかがおすごしでしょうか?
私は連日のように遊んでおりました(笑)ので、これを記事にしまーす

午前中は、この日初回の「のだめ」を観ました。いろんな曲がたくさん聴けて楽しかったです映画の中で、プラハの国民劇場のシーンがありましたが、シュトレーゼマンのポスターが...(爆)。また、別のシーンでランランのポスターも出てましたが、今回ものだめの演奏を担当したのは、ランランだったようです。なるほどね〜まだ公開中なので他の内容は控えておきまーす

午後は、ラフォルジュルネのコンサートに行きました。初日だというのにすごい人特にグッズ売り場のレジは、うねうねと蛇のような列になっていました。このイベントでイラストを担当しているJiři Votrubaさんデザインのグッズ(ハガキ、クリアファイル、ペンなどの筆記用具たち)がすごい勢いで売れてました。ショパンの6本腕は好評だった模様です

その頃、無料公演の広場では、3人のピアニストさんの演奏が行われていました。3台のピアノでの演奏っておもしろいどうやってリズムを取ってるんだろう?ユニゾンがすごくきれいで、どこで音を引き継いでいるのか分かりませんでした。演奏後、近くに来たので、ちゃっかり握手してもらいました友人はピアニストさんに「君もピアノ弾くの?」と声をかけられ、しどろもどろになっていました。さっきまで演奏していた人が目の前にいると妙に緊張してしまうものですね

立ちっぱなしで疲れたので場所を変え、ベンチで座ってお喋りしていたら、アンドレイ・コベルイニコフさんが通り過ぎて行きました。たくさんの人に紛れるとやっぱり普通の人だな〜。

そして、コンサート。公演プログラムは、ショパンピアノソロ作品全曲演奏第二部です。4人のピアニストさん)による演奏でした。ショパンの若い頃の作品なので初めて聴く曲ばかりでした(...って知らなすぎかも?)。よく聴いている曲と違って、全体的に明るい感じ。なんとなく光り輝く未来〜を考えながら作られた曲のような気がしました

4人のピアニストさんはこちら↓
アンヌ・ケフェレック、
フィリップ・ジュジアーノ、
イド・バル=シャイ、
アブデル・ラーマン・エル=バシャ
*友人も私もエル=バシャさんの優しい音が気に入りました

« のんびりお散歩 | トップページ | 3日(ホースショー) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ