« リベラ来日公演決定 | トップページ | ほっ... »

2010年1月11日 (月)

Symfonický orchestr hl. m. Prahy FOK

現在来日中のプラハ交響楽団(略してFOK=Film Opera Koncertで親しまれてます)のコンサートに行ってきました

今回は、予定していた指揮者のコウトさんが来日できず、マーツァルさんが指揮をとりました。だから、CD売り場は、マーツァルさんのCDがずらり。あ〜の〜これってチェコフィルばっかりなんですけどFOKのが欲しかった(笑)

【演奏曲目】
スメタナ:連作交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調K.219「トルコ風」
 ヴァイオリン:千住真理子
ドヴォルザーク:交響楽団第9番 ホ短調 Op.95「新世界より」
ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第15番

時々、みなとみらいホールで感じるのですが、音が四方八方に広がってしまって、バラバラに聴こえる事があります。やっぱり今回もそうでした。でも、時間が経つにつれて徐々にまとまってきたのはさすがです

さて、オケのコンサートには、ちょこちょこ行くのですが今回初めて見ました。コンサートミストレスかっこい〜よく音が聴こえましたしかも、演奏が始まって「おや?」と思いました。同じチェコでもチェコフィルとはずいぶん響きが違うという事に。う〜ん深いねぇそういえば、かなり女性陣が多かったです。

そして、楽しみにしていた真理子さんのヴァイオリン〜。小柄でとても可愛い女性でした。フィギュアスケーターの静香さんに似ている噂のデュランティは、とても繊細な音色でした。楽器の音色は奏でる人を表しているという事でしょうか?

アンコールでは、マーツァルさんが指揮台から「アントニーン・ドヴォジャーク ダイジュウゴバン」と大きな声で曲目を紹介してくれました。

結構、声高いんだぁ。って15番って何の15番???

と思ったら、スラブ舞曲でした。これが一番楽しかったです今年もチェコづくしの年になるかな??

« リベラ来日公演決定 | トップページ | ほっ... »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ