« がこん...がこん... | トップページ | green image in karuizawa おまけ »

2009年8月13日 (木)

green image in karuizawa

12日に長野の軽井沢大賀ホールで行われたコンサートに行ってきましたこの日の演奏は、羽毛田丈史さん、小松亮太さん、古澤巌さんが中心。今回はマイクを使わない生の音いいですね〜、生は。あたしなんかマイクがついてるコンサート行くと「マイクはずしてくれー!」と叫んでますからもちろんトークありの楽しいコンサートでした

羽毛田さんより、会場に用意されていたピアノは、イタリアのピアニスト、ミケランジェリがサインをしたというスタンウェイだと説明がありました。ステージの下からは見えなかったけど羽毛田さんの演奏はとてもわかりやすく、拍子がよく聴こえる演奏で気持ちよかったです。

さてさて、コンサートが始まってすぐ、ところどころでブワ〜ンと浮き上がってはフッと消えるチェロの音色に耳が惹かれました。そんななか3曲めは、ピアノとチェロのデュオおぉ〜すばらすぃ柏木さんですか、いい演奏家さんですねぇ。自分が生まれ変わったら、チェロ習ってみたいっすね〜

で、バンドネオンの小松くん。なんで、手元を見ないで演奏が出来るのか不思議で不思議でそれに、あの楽器の動きが面白くて面白くて。なんだか聴くより見る方に集中しちゃいました。タンゴ風ダバダ面白かったです。

後半に古澤さん登場〜。相変わらず、おしゃれな帽子にスカーフ。立って演奏するヴァイオリン奏者さんの動きって見てて勉強になります。体を支えている中心はどっしりしていて、他は楽〜に力が抜けている。弦を押さえる指も押さえている部分が点で、ほかはまったく力が入っていない。弓を弾く右手も持っている指先が点で後は力が入っていない。ピアノを弾くにも、筆を持つにも、馬に乗るにも、全く違っているようで共通している事が多いと思える姿勢でした。それに、ほーんと優しくて柔らかい音ですね、うっとりでした

【演奏曲目】
1この空と大地の出会う場所
2地球に乾杯
3愛を奏でて
4未来へのプレーバック
5ROOKIES 〜愛のテーマ〜
6目覚め 〜ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ〜
7土手と君と
8オブリヴィオン
9ポル・ウナ・カベーサ
10ジェラシー
11愛(かな)しみの夜会
12café 1930
13ニューシネマパラダイス
14Tea for Two
15チャルダーシュ
16Fine Day!

【アンコール】
リベルタンゴ

« がこん...がこん... | トップページ | green image in karuizawa おまけ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ