« 乗馬レッスン 1日目 | トップページ | パクちゃん »

2009年5月 9日 (土)

乗馬レッスン 1日目のおまけ

私が下馬すると、先生はラックの調教を始めました。

ラックは、グッグッと肩から上がる力強い並歩をしていました。綺麗に屈撓した状態のまま、ゆらんゆらんと左右に首を振っていました。すんごーく自然な状態でこれをやっているんですね。もちろん、手綱はピンと張られたままです。中央線から、長い足を活かしたハーフパスをパッパッと行い、蹄跡上に出ると綺麗に足踏み

おぉぉ〜、ほんとに良い馬になったもんだぁ
ウッドパパが言ってた左右の首の振りってこれかなぁ?とふと思い出しました。

ピルーエットやフライングチェンジもなんなくこなすラック。ですが、先生は...
 「いいかぁ、よく見とけ〜。」
と手綱を緩めた状態で、ラックを操作し始めました。
 「細かい技は手綱が必要だけど、ほとんどは騎座だからね。腰の入り具合!」

なるほど〜。
でも、私は未だに、腰を深く入れるとか沈めるの方法をよく分かっていません。課題ですな、こりゃ

« 乗馬レッスン 1日目 | トップページ | パクちゃん »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ