« おひさしぶり その1ー油性ペン再び | トップページ | おひさしぶり その3ー電車やら人やら »

2009年2月28日 (土)

おひさしぶり その2ー光る目

今の乗馬の先生に会ったのは、もう10年以上も前の事です。初めて会った時、今までに会った大人とは何かが違う人だなと感じました。私の両親も同じ事を言っていた事があります。特に印象的なのは目です。これを文字で表現するのは〜私にはちと不可能なんですが...。まぁ、馬と同じ目をしているな〜と思う事はよくあります。とにかく色んな事を感じさせる深い目をしている人です。

そして、ウッドパパも同じような目の持ち主。現在、重い病とどう向き合っていくかという日々を過ごしていますが、話をしているとしばしば...キラーンとものすごいパワーを発し、目が光る人間って好きな事を話している時って、すごく目がいきいきしているものですが、それ以上の何かをぐあっと発しているそんな感じ。

そういえば、握手してもらったバルタバスさんとかコンサート後で会った演奏家さんの中にも同じような目の人がいたなぁ〜。いくつか似ている部分があるような気がします。きっと自分の技術や経験が物をいう世界で成功し、たくさんの人達からの信頼を得ている人に共通しているんでしょう。常に今よりももっと上を目指す気持ちを持ち、頑張っている人たちです。ちなみにユーモアセンスも抜群だと思います(笑)

« おひさしぶり その1ー油性ペン再び | トップページ | おひさしぶり その3ー電車やら人やら »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ