« りんご | トップページ | エレベーター »

2008年11月30日 (日)

公開練習と本番

友人に招待券をもらったので、新日本フィルの公開リハとその本番のコンサートに行ってきました。

【12月28日-公開リハ(すみだトリフォニーホール)】
公開リハに行ったのは初めてです。すごく面白いですね。自分がピアノを練習している時もそうですが、指揮者のアルミンクさんの指示で、どんどん音が変わっていくし、曲が大きく膨らんでいくんです。練習が始まったばかりの時は、少し音が硬い様に感じましたが、終了間際には柔らかい音になっていきました。予定では、ヤナーチェクのシンフォニエッタだけのはずだったのですが、ショスタコーヴィチの交響曲9番も入りました。

「この曲を聴いて、チェコを訪れるきっかけになると嬉しい。」

と、アルミンクさんはお話してました。ふふふ…すご~く行きたいですよ、チェコは。プラハだけでなくブルノも!見物人も私達が休憩に入った後も、アルミンクさんは、団員さんに質問されると熱心に指導していました。この日は、チェコ気分のまま、渋谷のカフェアノ(←チェコ料理屋です)でランチしました。

【12月29日-コンサート(サントリーホール)】
ショスタコーヴィチ-交響曲第9番
ウィリ-久しい間
 ~フルートとオーボエのための協奏曲~
   フルート:マティアス・シュルツ
   オーボエ:ハンスイェルウク・シェレンベルガー
ヤナーチェク-シンフォニエッタ

そして、本番です!演奏が始まってびっくり!昨日と全然違う!!ビックリ続きの演奏でした。ステージ左側の座席だったのですが、低音のチェロが、なめらかでいい感じに聴こえてきて良かったですねぇ。あぁ、もう少し右よりだったら、なお良かったであろう…。この日もチェコ料理食べたかったけど、東欧つながりでハンガリー料理を食べに行きました。

« りんご | トップページ | エレベーター »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ