« 乗馬レッスン その1 | トップページ | 乗馬レッスン その3 »

2008年8月23日 (土)

乗馬レッスン その2

長期ブランク明け+相棒ラックは、かなりハードでした。
ラックは、いわゆる動きの重い馬。坐骨を使って、どんどん前に出してやらなければ、言う事を聞かなくなるのですが、私の体がガチガチなので正反動の速歩がヘン。軽速歩をしても、バランスが悪くてグラグラ…。鞭も上手に使えない…。ちっとも誘導できず

「脚動かさなくていいから鞭使って。」
「そこで鞭っ!なにやってんだ遅いよ~!!」
「立ったまま軽速歩…何でそんなにぐらついてんのぉ?」

こんなギコバタ状態でしたが、ここで気を抜くとラックの思う壺ですから、必死で乗ってました
先生曰く、「扶助をするのに脚や拳を動かしすぎるから馬がイヤになってるんだよ。」と言われました。確かに、自分の上にバランスの悪いのが乗っかってれば、そうなるよなぁ。

レッスン終了後は、先生が乗り変わって動きチェック。まるで別の馬です。ラックは力強く前に推進を始め、軽やかに駈歩をしたかと思えばポンポンッとフライングチェンジ。長い脚を活かした歩幅のある綺麗なハーフパスを披露してくれました。すげぇ惚れ直すぜ、ラック

« 乗馬レッスン その1 | トップページ | 乗馬レッスン その3 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ