« The Lucerne Symphony Orchestra with Nikolai Tokarev その1 | トップページ | 仕上がった… »

2008年7月 5日 (土)

The Lucerne Symphony Orchestra with Nikolai Tokarev その2

そして、トカレフくん。おぉ、大人っぽくなってるぅ弾き始めから、あ…この音好きだなぁ…と。曲の盛り上がり部分なんか十二分に聴かせてくれて、決して期待を裏切らない素晴らしい演奏でした音もそうですが、なんていうか曲全体の深みが増していると感じました。

トカレフくんのアンコールの時に、ファーストヴァイオリンの人達が、「どうやって弾いているんだろう?」と後からキョロキョロしながら覗き込んで見ていました。私の席からは、トカレフくんの手元は一切見えませんでしたが、「その打鍵は、誰が聴いたって見てみたいよなぁ。」と思う演奏でした

コンサートが終わり、相棒を磨くコントラバス奏者の方へ近づき手を振ってから、のんびり出口に向かうと、そこではCDとプログラムを売っていました。オケのCDが1枚しかなかったのが、ちょっと残念でした。もっと色々聴きたかったなぁしかし、そのすぐ隣では、トカレフくんがサイン中。周りにいた人達はちょっと離れたところから写真撮ってました。

ズラズラと人が並んでいるわけでもなく和気藹々とした雰囲気だったので、プログラムにサインをもらう事にしました。近くで見ると…色白で綺麗な青年。一瞬、リベラのビッグベンを思い出しましたが、とっても低~い声の持ち主でした。実は一緒に行った友人は、この日がお誕生日その事を伝えるとサラサラと日付を入れてました。私は、カメラマンとなり一緒に写真を撮ってあげました。彼女は、私とチェコ六の写真を撮ってくれたんでね。これでお礼が出来たわ

« The Lucerne Symphony Orchestra with Nikolai Tokarev その1 | トップページ | 仕上がった… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ