« 馬術大会 | トップページ | フィリアス弦楽四重奏団 »

2008年4月26日 (土)

Maksim Piano Solo Tour Spring 2008

みなとみらいホールで行われたマキシムのコンサートに行ってきました演奏曲目は次の通りです

【第一部】
6つのバガテル(シュレツコ・ブラディック)、パッショナータ(トンツィ・フーリッツィ)、ある日どこかで(ジョン・バリー)、クロアチアン・ラプソディ(トンツィ・フーリッツィ)、怒りの日「レクイエム」より(ヴェルディ)、ヴィクトリー(トンツィ・フーリッツィ)、ノクターン第8番(ショパン)、超絶技巧練習曲第10番(リスト)

【第2部】
ソナタ第2番(ショパン)、ハンガリー狂詩曲第2番(リスト)

【アンコール】
ピアノ協奏曲「黄河」(冼星海)

マキシムは、白のVネックのTシャツにネクタイをして、黒のジャケットを着てました。第二部で登場した時は、ジャケットは着てなかったです。演奏中は時々恐いようにも見えるのですが、優しいメロディを奏でる時や観客にお辞儀をする時は、穏やかな顔でした。

今回は、現代曲とクラシックのミックスですね。クロアチアン・ラプソディは最高でした私はイリーナ・スルツカヤの大ファンなんですが、この曲は彼女が2回目の復活を遂げたシーズンのFSで使用されていた曲です。イーラの演技は何度もビデオ観戦してるので大感動でした会場のみで販売したCDも購入してサインももらいました

でも…みなとみらいホールだとピアノ1台では少し大きいし、観客側の照明が明るいのでプログラムを見てる人達が気になりました来日コンサートを定期的に行ってくれるのはファンとしてはとても嬉しいのですが、そろそろズバ抜けた技術以外のものも必要となる年齢ですから、もっと弾きこめる時間があれば…と思いました。超多忙だからなかなか難しいのかな?

« 馬術大会 | トップページ | フィリアス弦楽四重奏団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ