« パトちゃん | トップページ | 4ヶ月ぶりの乗馬 その2 »

2008年2月 2日 (土)

4ヶ月ぶりの乗馬 その1

前橋に住んでいた乗馬の先生ですが、伊香保へお引越しました。そして、先週ようやくレッスンする事ができました。なんと…4ヶ月ぶりです。

私の先生は、レッスンの初めは「各個乗り」をするように言います。各個乗りとは、乗り手の好きなように馬を誘導する乗り方です。号令で動かすわけではありません。

先生は 「自分で馬を誘導できなければ、お金を払ってメリーゴーランドに乗るのと同じ」とよく言います。

実は、馬は前の馬に付いて行く習性があります。初心者のうちにグループレッスンばかりすると、自分の指示で馬が動いているのではなく、前の馬に付いて行っているだけ…という事に気づかなかったりします。実は私もそうでした。今は、一応誘導できる程度になってきました。

4ヶ月も間が空くと自分でも体がガチガチなのが分かりました。軽速歩を続けて、なんとか膝の力を抜こうとしましたが、なんだか最後まで全身が固かったかなぁ。相棒のラックは、「早く終んね~かな…。」と飽きてきている様子。巻乗りと輪乗り(←ちっとも同じところを回れなかった…)で精一杯でした。

「中央線を沢山使った馬場内の運動をするように!」
「拍車を使いすぎないで。脚を馬体から離さないように。」
「拳が伏せてるよ。鞭(べん)を使って。拳立てなきゃ使えないでしょ!」
「指示通りに出来たら褒める事を忘れない!」

後半に後退と前肢旋回が上手くいったのですが、「あれ?こんなに大きな動きするんだっけ?」と驚きました。まるで別の馬のような動きでした。

私のレッスンの後、先生はすぐにラックに乗って色々と扶助の仕方を見せてくれました。ラックは、ハミを気持ちよさそうに銜え、横の屈とう運動をしていました。既に、第四課目を踏めるくらいのスキルに上がっているとのこと。まずい…遥か先を行かれた。彼に追いつかなければ!やっぱり…月に2回は行きたいなぁ。

« パトちゃん | トップページ | 4ヶ月ぶりの乗馬 その2 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ