« ブラスバンドのコンサート | トップページ | The Czech Philharmonic Collegium »

2007年12月 9日 (日)

かな書展

前々回だったでしょうか…お習字のお手本の中に、展示会の案内ハガキが同封されていました。ちょうど、今日が最終日。天気もいいので朝も早くから出かけました。

まだ、オープンしたばかりの時間帯なのに、結構人がいました。お習字を習っている方以外にも、通りすがりで立寄ったという方もいたようです。

展示されている作品は、かなり力作ばかりでした。大きな作品に目が行きがちになりますが、小さな作品にも良いものがたくさんあり、古筆作品の臨書は、とても綺麗でした。そして、やはり3名の書家の作品には目が釘付け!今関脩竹先生、清水透石先生、齊藤紫香先生です。

私はお習字を習い始めて、約1年ほどしてから仮名を書くようになりました。読めないほどにくずしてある字、真っ黒ではなく色を出す墨色やかすれ…というのが、それまで書いてきた楷書と違って、とても面白くて書くのが楽しかったのを覚えています。そして、子供の時に慣れ親しんだ仮名が、今関脩竹先生の仮名です。なんだかとても懐かしく感じました。

最近、自分の書く作品に「何かが違う!」という事を感じていたのですが、今日の展示会を見たら、なんとなく理由が分かってすっきりしました。少し、前に進めそうです♪

« ブラスバンドのコンサート | トップページ | The Czech Philharmonic Collegium »

習字」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ