« ミス・ポター | トップページ | 残念(T-T) »

2007年10月 6日 (土)

欲しかったCD

本日は快晴!昼の用事を済ませてから、買い物へ出かけました。
買い物終了後、CDショップの前を通りました。一度は、素通りしたのですが、一緒に買い物をしていた母が靴を見たいと言ったので、UターンしてCDショップへ行きました。

欲しかったのは、ウェールズ出身の女性歌手キャサリン・ジェンキンスのベスト版CDです。いつだったか新聞で彼女の記事を読みました。すぐに彼女の公式HPで歌を聴き、落ち着いた声がとても気に入りました。ここ最近は、サラ・ブライトマン、ヘイリーといったハイヴォイスのソプラノ歌手が人気で、私も大好きなんですが、彼女はマリア・カラスと同じメッゾソプラノです。

デビューしてわずか3年で、たくさんのCDを出していますが、ベスト版にはUKオリジナルヴァージョンの千の風になって(Do Not Stand At My Grave And Weep)が収録されています。

早速聴いてみる…。最初が大好きなネッラ・ファンタジア(Nella Fantasia)!最高です☆
私の場合、ハイヴォイスのソロシンガーの歌を聴いていると、その時の気分で聴き飽きる時があるのですが、そんな事はまったくありませんでした。やはりキーが低いからかしら?しかし、選曲されている曲がベスト版とは言え、先に述べたサラの代表作となった曲が多く、改めてサラのすごさを知りました。

何曲目だったか…映画ハンニバルのヴィドゥ・コル・メウム(Vide Cor Meum)が流れて、「おぉ。これリベラが歌ってたんだよなー。」と思い出しました。スティーブンの将来の夢を大きく決定する事になったのは、やはりこの曲かな?

« ミス・ポター | トップページ | 残念(T-T) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ