« Janusz Olejniczak & The Czech Philharmonic Sextet | トップページ | 本日の乗馬 その2 »

2007年6月 3日 (日)

本日の乗馬 その1

今日は乗馬レッスンです。本日のパートナーはコトブキ!(ラックじゃなくて良かった→喜☆)先生には、「久しぶりだから、リラックスして乗ってね。」と言われました。

と、ここで乗馬用語です。
1 常歩→人間で言う歩くです。人が行進をするのと同じような力強さが理想。
2 速歩→人間で言うジョギングで、ワンツーワンツーというリズムです。ワンの時に鐙に立ち、ツーの時に鞍に座るのを軽速足といい、ずっと鞍に座っているのを正反動の速足と言います。
3 輪乗り→直径20mの円を描きながら進みます。
4 巻乗り→直径6mの円を描きながら進みます。

では、本題に入ります…。
少し常歩で動かして、軽速歩をしたところ、「!!!!」
ぜ・前回と違う…前に推進するパワーがすごい!!スピードも結構出る!
慣れてきたところで、正反動の速歩をしてみましたが…ばひょん!ばひょん!…尻がはねる。付いていけない…このまま続けたらバランス崩して落ちそう(汗)。

軽速歩での輪乗りと巻乗りを繰り返し、ちょこちょこ正反動を入れましたが、やっぱり付いていけない。レッスンの途中で、ラックの下乗りをしている先生から、「結構乗れてるよ。」と声をかけてもらいましたが、正反動の巻乗りは出来ても、輪乗りが出来ませんでした。がーん!!!

ですが、よく考えてみれば、数年前に別の乗馬クラブでの落馬以来、スピード恐怖症になった私としては、今日のコトブキに最初から最後まで乗れたのは進歩かもしれません。

レッスン後に、先生が、「これからは、こういうスピードに慣れないとね。来年は第3課目に出るから。」…ん?それは、コトブキが出るという意味で私が出るという意味ではないですよね?(ダラダラ←大汗)

« Janusz Olejniczak & The Czech Philharmonic Sextet | トップページ | 本日の乗馬 その2 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

おすすめ

無料ブログはココログ