2022年5月15日 (日)

横山幸雄 ”入魂のショパンVol.13”

こんにちは😃
少し前のことになりますがGWにピアノリサイタルへ行ってきました。
 
横山幸雄さんは毎年GWに1日中たっぷりショパンを弾くという公演を企画されています。
去年は中止だったこともあり、今年はたくさんの方々が聴きにきたようです。
さすがに1日中座っているのはきついので各回公演を選びました。
私が選んだのは第二部です。
 
<第二部>
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調Op.22
ノクターン 嬰ハ短調(遺作)
幻想即興曲 嬰ハ短調 Op.66
バラード 第1番 ト短調 Op.23
スケルツォ 第2番 変ロ短調 Op.31
 
あっという間の演奏でした〜
別のピアニストでほぼ同じ曲が収録されているCDを持っているのですが、やっぱり演奏家によっていろんなアプローチがあるんだな〜と思いました。
音楽の表現は無限ですね😃
今回は3階席正面だったんですが、なかなかいいですね。

2022年3月20日 (日)

桜開花しましたね

こんにちは
先週月曜日にワクチン3回目を打ったのですが、、、いまだに腕が痛いです
首から頭にかけて、いまだに鈍痛があります。
同じ頃に接種した同僚も同じような副反応です
 
さて、更新をサボっているうちに桜が開花してしまいました
今年は寒い日が続いたので、寒桜と彼岸系桜の開花が遅めですね。
これから暖かい日が続くので染井吉野まで一気に咲くはず。
外に出るのが楽しくなりますよ〜
event2022に写真をUPしましたので、よろしければご覧ください🌸

2022年1月10日 (月)

明日は鏡開き

こんばんは
年が明けてからもう松の内が過ぎましたね
 
ですが、思いもよらぬあの大雪
オミクロン株のコロナ感染拡大...
慌ただしく時間が動いている気がしてなりません。
 
さて、今日は成人の日ですね。新成人の皆様、おめでとうございます
これからもっと素敵な大人になってください
 
明日は鏡開き。
これを逃すとお餅を食べる機会が一気に減るので楽しみたいと思います
 
遅ればせながら本年もどうぞよろしくお願いいたします

2021年12月30日 (木)

お城EXPO 2021

おばんです🌃
今年もお城イベントに行ってきました。
タイトルが...城熱の祭典...ってなってる笑
 
年々、コアな内容になっていく気がします。
私は歴史にそこそこ興味があるというレベルで、城郭巡りはしないので、もはやついて行くのが難しいです。
コスプレしている人もたくさんいました。(コスプレってアニメだけじゃないのね...)
 
整理券をもらわないと入れないエリアが増えていたので、お目当てのものがない私はスルー💦
もう少し調べてから行けばよかったわ〜(美容院に行った後、向かったので時間もなかったが)
お土産のコーナーは整理券なしでも買えるものがあったのでこれを物色。
すると、目についたものが。。。
 
槻丸というかわいい犬のグッズが❗️
埼玉県にある岩付城の主である太田資正(おおた すけまさ)は日本で初めて軍用犬を使った人物らしいです。
まぁ認知度を広めるためのキャラな訳ですがとても気に入ったので、エコバックを買いました😊
 
来年はも〜少し事前に調べて行きたいです🏯

Pictures at an Exhibition Gerhard Oppitz Piano Recital

お久しぶりです。
今月もピアノリサイタルに行ってきました😊
 
◆プログラム
モーツァルト:幻想曲ハ短調K475
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番ハ短調K457
ベートーヴェン:プロメテウスの創造物の主題による15の変奏曲とフーガ op.35(エロイカ変奏曲)
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
 
この日はプログラムの内容からでしょうか。男性のお客さまが多かったです。
モーツァルトの幻想曲は初めて聴いたと思うけど、綺麗な曲だな〜という印象でした。
ベートヴェンのエロイカ変奏曲も初。
ものすごくダイナミックで普段聴こえてこないピアノの底力みたいなものを感じました。
また、ピアノなら、こういう仕上がりになると分かって作曲していたはずですから、やっぱりベートーヴェンすごいぜ〜と思いました。
 
そして、ムソルギスキー。すごかったです😆
オケの演奏は聴いたことあるけどピアノだとどんな演奏になるんだろう?
って思いますよね?
ほんと、あのままでした❗️びっくりしました❗️❗️
少し音が足りなく聴こえたりするのかな?と思いましたが、そんなことはなく。
1台のピアノがオーケストラになっていて、すごかったです〜

2021年12月13日 (月)

クリスチャン・ツィメルマン ピアノリサイタル

おはようございます
今日が日本公演の最終日ですね。
私は一足早く先月聴いてきました
 
◆プログラム◆
J.S.バッハ パルティータ第一番変ロ短調
J.S.バッハ パルティータ第二番ハ短調
ブラームス 3つの間奏曲 Op.117
ショパン  ピアノ・ソナタ第三番ロ短調 Op.58
 
ツィメルマンの演奏は初めて聴きました
印象的なのはクリスタルのような透き通る音色ですね。
強弱もすごくはっきりしていました。
 
意外だったのは、バッハの演奏でペダルを多様していたことでした
つなぎのペダルではなく結構踏んでいました。
でも、ペダルが切れたとはわからない。(当然ですねプロですから...笑)
 
こんないろんな表現があるんだ〜と終始驚いていました。
今までチケットが高いから〜と渋っていたのがもったいない
次回来日した際にも、必ず行きたいです

2021年10月25日 (月)

チェコフェスティバル2021

おばんです🌃
去年は中止となったチェコフェスでしたが、今年は感染症予防をして開催となりましたので行ってきました。
入場制限があったのですぐには入れず...
興味のあったプログラムは終わってしまいました😣
 
いろいろと展示されていましたが、やっぱり小ぶりな感じでしたね。
あのTシャツほしいな〜と思ったけど、売ってなかった💦
ビールかワインを買いたいな〜と思っていましたが、やはり荷物が重かったので諦めました。
 ↑先に書いた乗馬れっすんの帰りに寄った。
 
ま〜この時期はペルニークは外せないよねぇ🎶
ペルニークというのはジンジャーブレッドです。
甘さは控えめで生姜が効いているタイプで、硬めのクッキーです。

CDコーナーで珍しいものがいくつかあったのでいろいろチェック。
前日にショパンの協奏曲聴いたのもあって、ショパンものにしました。
今、このCDをかけながらブログ書いてますが、とてもいい演奏です😊
柔らかい音なのですが芯のある音の響き。軽快でテンポが生き生きとしています。
大きなホールで響かせるというよりは小さなホールでの演奏がぴったりな曲が収録されています。
こんなピアニストいたんだぁ〜💕💕
あ。誰かわからんですね...マルティン・カシークさんというピアニストです。
よかったら調べてみてくださいね😃

ほぼ1年ぶりの乗馬レッスン 〜おまけ〜

レッスンの合間、これからは紋次郎と梵天丸でレッスンになると先生に言われました。
年明けたら30歳だからね。駈歩の練習はだいぶキツいから、もうルージュは卒業だよ。
寂しいですが、この歳までレッスンに付き合ってもらったのでルーには感謝です。
 
そして、レッスンが終わり、温泉に入って疲れを癒す
出社勤務とリモート勤務の組み合わせで仕事しています。
が、出社するとやたら仕事が集中するので帰る時間が遅く、睡眠時間が4時間みたいな日も結構あります。
休日はご飯を食べてしばらくすると居眠りしていることもしばしば。
だから、こんなふうに有意義に時間を使って、のんびりしたのは久しぶりです。
やっぱりメリハリってだいじですね。
 
温泉の後、夕飯までは1Hほど時間がありました。
ホテルの部屋に備え付けのタブレットをいじっていたら動画が見れるではないか!
ほほぉ?タップするとホーム画面で出るわ出るわ、ショパンコンクールの映像が!
反田さんのピアノ協奏曲を観ながら、お茶受けのお菓子とコーヒーをいただきました。
おぉ〜なんという贅沢
 
耳は大変満たされ、次はお腹が満たされるべく夕飯突入です。
写真は撮らなかったので想像してください笑
 
 前菜 (これにビールつけたらすでに最高ですよ!)  
  カリフラワーのムース・ガトー仕立て
  武尊サーモンの自家製燻製ミキュイ
  プロシュート
 魚料理(お魚がふわふわでした)
  白スズキと海老のバロンティーヌ・春菊のソース
 口直し
  グレープフルーツのグラニテ
 肉料理(やわらかくてすごく美味しかったです)  
  牛ヒレ肉のロースト・甜麺醤焦がしバターソース
  地場産キノコのソテー添え
 デザート(どっちも美味しかった〜)
  栗のプリン・モンブラン風
  りんごの赤ワイン煮

ほぼ1年ぶりの乗馬レッスン

こんにちは
8月にワクチン接種が終わり、緊急事態宣言が解除となりましたのでレッスンに行ってきました。
 
〜1日目〜
1鞍目は紋次郎くんです。
だいぶ空いてますから動かせるのか不安でした。
乗り始め直後は前に進まず...まずいな
でも、私の硬さが取れたらスイスイと動くようになってきました。
先生からそれくらい乗れるなら駈歩やってもいいよとOKが出ました。
まぁすんなりとはいかないんですが、うまくだせると...
ぶわっと一歩目が浮き上がるような感じです。
うは〜気持ちいい〜
レッスンの後も「1年ぶりでもあれだけ乗れるとはやるねぇ」と珍しく先生からお褒めの言葉をいただきました
  
2鞍目は梵天丸です。
紋次郎と比べるとちょっと重めのお馬さんです。(まぁ紋次郎も決して軽くはないけど)
ですが、ハミは割と敏感なのでちょっときつくすると、やめてくれ!と首をぶんぶん振ります。
久しぶりだったのに紋次郎にほぐしてもらったのもあって首を振ることはありませんでした。
梵ちゃんは駈歩はちょいと難しいのでひたすら速歩をやってました。
ときどきいい感じにハマると驚くほどスイスイと前進姿勢が出て、まるで別のお馬さんのようでした。
 
〜2日目〜
前日の夜に急遽空きが出たため、帰る前にレッスンできるよと連絡をもらったので、もう1鞍乗ることにしました。
紋次郎と梵天丸とどちらか好きな方を指定できると言われたので、梵ちゃんで依頼しました。
紋ちゃんの動きははっきりしているので、ある程度、体で覚えた感あります。
今回のレッスンでは梵ちゃんはあまり首を振らなかったので、どんな手綱感覚がちょうどいいのか感覚を覚えておきたいなと思ったからです。
次回いつ乗れるのかもわからんしね。
 
前日に続いて乗ってみて、やさしく細かくハミを滑らしてあげるのがいいようです。
でも、方向転換の時(特に直角で曲がりたい時)は、はっきり指示を出さないと伝わらないようです。
試しに駈歩をやってみましたがどうやら強すぎるようで、急にぶんぶんと首を振り始めました。
え〜手綱がぶらぶらに近いような状態がちょうどいいってのかい?
それだと半減脚が効いてるかどうかが分かりずらいんだな...
って、そのぶんぶんをやめて!落ちそうになるわ、あたし
結局、速歩でぐるぐると輪乗りと方向転換に切り替えてレッスンしました。
思っていたような感覚を得られなかったのですが、次回駈歩をする時はちょっと握る感じでやってみようかと思います。
 
指摘されたこと
・乗ってすぐはとにかく前に出す。脚は強め、鞭を素早く使う。停止はやらない。
・拳立てて!
・肩甲骨を寄せるように乗る。
・踵が下がりすぎないように鎧を踏む。
 
お〜次回も頑張るぞぉ〜

2021年10月24日 (日)

柳家喬太郎・入船亭扇辰 二人会

こんにちは
ちょっと前のことになりますが生の落語を聴きに行きました。
2019年12月以来だったのでとても楽しかったです。
 
◆開口一番 林家さく平:初天神
 本来、秋はイベント盛り沢山の季節ですが自粛が続いていますよね。
 賑やかな出店でのやりとりが羨ましいな〜と思いました。
 さく平さんはたい平師匠の2番弟子とのことですがご子息だそうですよ〜
 
◆入船亭扇辰:匙加減
 有名なお医者さんの若旦那は父と同じように医者を目指しています。
 ひょんなことから知り合ったお花さんに一目惚れ。
 通い詰めてお金もたくさん使って父にバレて勘当となってしまいました。
 心をあらためて医者の仕事を始め、やっと余裕が出てきた若旦那。
 久しぶりにお花さんに会いに行くとお花さんは寂しさから病気になっていました。
 療養も兼ねてお花さんを引き取ることにした若旦那でしたが、
 周りにはお花を巡ってお金のやりとりがついてまわります。
 お奉行様の裁きが見応えあります〜 
 
◆三増紋之助:江戸曲ごま
 駒の心棒を手でひょいひょいっと擦るように回していました。
 大きいものから小さいものまで。いろんな種類がありました。
 トークがおもしろかったです。
 
◆柳家喬太郎:居残り左平次
 品川に繰り出し、美味しいものを食べたり飲んだり大騒ぎ。
 友人らには1円だけ払ってもらえば良いと言ったものの自分もお金を持っていない。
 そこで、泊まった店に居残りし仕事しますと言い出します。
 遊びにきたお客様に気に入られ、ご祝儀たっぷりいただく左平次。
 実はこういう稼ぎ方を仕事にしているとんでもない人物でした。
 
やっぱり落語はおもしろいですね

«ララミディア大陸の恐竜物語

おすすめ

無料ブログはココログ